読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タマラの日記

インディゴ世代より上のおばさんです。こんな年になって目が覚めるとは思ってもいませんでした。本当に生き方変えれるのかなあ?ウギャ―!

本当にやりたいか

自分がいちばんつきつめたいものって

とてもとても個人的なもので、世界を持たせられるようなものではないと

そんなことを考える以前のことで、ただそれをやるだけで

自分が満足できるだけの純なものだった。

 

それって、とっくの昔に終わりの無い眠りについたものだと

思っていたけれど、自分の憧れの人の力をそこに加えたら

どうなるだろうと夢想したら思わぬ躍動を始めてしまい

ともかくそれを表に出そうと努力してみることにした。

 

と覚悟を決めてたった一日で手段のひとつである

パソコンがお釈迦になってしまった。

 

30分、1時間、時間をおいて立ち上げて見ても

しゅーん…となるPCさん。

 

新しく買うお金は手元にない。

 

じゃあ当初の企画とは別の方法はと考えた。

 

 

 

半日経過して、

もう一度だけと立ち上げてみたらPCが復活した。

 

壊れてしまったと思っていた数時間、

やりたいことを形が変わってもやりたいか見つめ直す時間になった。

 

そして他の形もあるという拡がりも得た。

 

PCさんありがとう。

 

 

昨年から今年にかけて

・心理セラピストとしての知識や想いへのブロックが外れた

・生きづらさの根源になっていたもののいくつかの正体へ触れることができた

・キャラクター絵へのこだわり

 

このあたりが浮上してた

 

古い世界に生きるのやめようって

何かそういう覚悟みたいなものを心から決めたのがほんの二日前

 

 

・本質へ還るための知識をセラピストではなくどう活かしたいか

・生きづらさだって楽しく共鳴できるもののひとつに成り得るのではないか

・キャラクター絵の躍動はなぜ生まれるのかどうしたいのか

 

といったものに変容、そして輪郭が現れてきている

まだこれからももにょもにょ形を変えるだろうか。

 

もしセラピストとしてやっていきたい、だけだったら

PC壊れたと思い込んでいた時間に私は何も考えなかったんじゃないかな。

 

 

もう一度言おう。PCさんありがとう。

私の周波数をよく読んでくれていますねえ^^;

これからもよろしく!

 

 

自分のエネルギーを世界に流すことで何かが動いていくこの感じおもしろいね。

こういうことって、きっついパターントラウマがあるうちは解らなかったろうと思うよ。

必死で何かやっても収縮感ではい終了~だったから。

私のそれって自分でも知らなかったカトリック系の

めちゃくちゃ古い深いものだったからさ。次元上昇の恩恵ですなー。

血は吐いたけど(笑)

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。