タマラの日記

インディゴ世代より上のおばさんです。こんな年になって目が覚めるとは思ってもいませんでした。本当に生き方変えれるのかなあ?ウギャ―!

扉が次つぎに開いてゆく

…のなんて一部の人たちだけなんじゃ。

 

と最近は思い始めている。

 

ああ、許可が出たなという感覚があったので熱中できることをしても、なんも扉は開かない。

今年初めと同じ感じだ。

 

 

揺り起こされたのは、単に地球さんのために心の争いを鎮めるワークをするためで、楽しいことして必要な豊かさやお金を巡らせて生きるためではなかったのではないか。

 

くらい、何もない。

 

学びは沢山ある。

 

その一つひとつをくどくどと書く気はもうない。

 

私がしたい体験は扉が開いていく体験なんだな。

目的はなんでもいい気がする。

 

より、冒険に思うほうを選択していく。

 

 

まあ、何にも起こらないけど!